So-net無料ブログ作成
検索選択

slang 3

slangについてなのだが、友人のオーストラリア人に尋ねてみた。彼は20代で銀行プログラミングの仕事をしている、いわゆるきちんとした男である。

やはり日本人がスラングを使うこともいいのではないかと彼は言う。時にカジュアルな表現・スラングはお互いの距離感を近くしてくれる。用はTPOであると。

あのblogには'yeah'を使うなと書いてあったが、実際のビジネスシーンでももちろん使われている。だが正式なコントラクトの場などでは'yes'といわなければならないかもしれない。用はTPOである。

彼によればもしも常に’yes' 'yes' 'yes' といっている人に会えばやはりおかしく感じるということだ。これもほどほど、3回に1回 yes をいれてやるとか、場面、場面で変えてあげるということが自然な英語なんである。

自分のstyleを決めていくことはいいと思う、しかしスラング等を一刀両断に「無教養」というのは全くの間違えであると思った。やはりこのブログは適当ではない。もう二度と読まん!

先日こんなサイトを発見しました。

http://www.kids-in-mind.com/a/artofgettingby.htm


映画のタイトルを打ち込むだけで sex&nudity / violence & gore / profanity が数値化してあって一発で子供にみせていい映画かどうか判断できるというサイトです!!

言い換えれば自分が特にきちんとしたい英語ではなしたければ、この数値が低ければ低いほど、いわゆる教養のある英語なんじゃないでしょうか。

このPAGEの映画はスコアがかなり低いです・・・やはりセサミ等の子供用番組がほとんど・・・

http://www.kids-in-mind.com/cgi-bin/listbyrating/search.pl?s1=0&s2=1&v1=0&v2=1&p1=0&p2=1&m=1&m=2&m=3&m=4&stpos=0

ともあれ映画での言葉がどのような位置づけであるかを知るのに良いサイトだと思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

pros & cons

次にやってみてこれは役に立たないな~と思ったものです。

理由は追って書きたいと思います。


・ NHK の英会話系の教材ラジオ・TV全部

これはいいとは思うんですが・・・僕的には日本語を使ってる時点でもうNGかな・・・と思います。でも過去1人NHKだけの勉強で非常に高い英語会話能力を持つ人に遭遇したことがありますが・・・レアだと思います・・・こういう人は・・・


・ シャドーイング

これもいい、いいと言われてるんですが・・・何かほんとに効果あるんかな?と思います・・・そもそも初心者についていけと言っても無理な話なわけであって・・・スピードを遅くするのもどうなのかな・・とリズムがその時点で崩れるんじゃないかと・・・


・ ディクテーション

これも時間が膨大にかかる割には効果は?だと思います。日本語でさえなにかを聞いて原稿にするは大変な訳で・・・書いているうちに抜けてるところを予想していれてみたりして・・本来の意義と違うような・・・結構nativeもいい加減に発音するかしないか、ほとんど消えそうな音で言ってる時もおおいいわけで・・・


・ アメリカンアクセントトレーニング等の発音トレーニング本

これも所詮マネしてみたところで,fundamentalなところで音がちがっていれば、全く違うものになってしまうわけで・・・


・ nativeはこう言う!というような ブログ・本など

これも地域・世代・国・人によって千差万別・そもそもこうだ!と決めること自体が無理!

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%81%AE%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%80%81%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%86%E8%81%9E%E3%81%93%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%99-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%89-%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%B3/dp/4072362638

こういう本も面白いには面白いのですがnativeに確認していくと半分くらいは「は~?」といわれます・。

ある人のブログで(このランキングで人気のあるブログ)

カラーに対する概念に書いてあったのですが

◆ピンク・・“You always looks in the pink.” =「君はいつも元気そうだね」という褒め言葉。とあったのですがあまり聞いたことがなかったので(他のものはよく聞く表現だな・・と思ったのですが)友人のアメリカ人・イギリス人に聞いてみたところ「全く聞いたことがない・・・」とみんな言っておりました。(みんな大学生、死語なのかも・・・)

この方の言葉を借りれば「程度の低いnativeにはわからない」といわれそうですが、実際通じない人がいっぱいいる訳で・・・こういった表現は実際に映画・ドラマなどをよく見てつかわれているか?あるいは様々な人に使って反応を見てみるという事が大事だと思います。



・ スピードラーニングみたいな教材

こちらも日本語が入っている時点でもうNGかと・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

my method 2

今まで様々な勉強方法を試してきたのですが、ここで効果があったもの、なかったものを紹介したいと思います。

これはあくまでも僕の経験からのものであって人によって違うとは思います・・・

僕は今pretty broke で月のこずかいが昼食費込みで¥2,500しかないので英語にお金をかけることができませんでした(今もそう)しかしこれが効をそうしているような気がします。

It's ironic,isn't it?

おかげで自分でなんとか工夫するしかないので、あの手この手をいつも考えています。下記に無料で手入れられる教材の情報もLINKを張っていきますので試してみてください!


効果があったもの

1、 ネイティブとの会話  これはとにかく量がものを言うと思います。僕の場合は平日3時間・休日6時間以上を最低ラインと決めていますが、時差もありつらい時もありますが、時には仕事前4時くらいにおきて2時間ほど話してから仕事にいくパターンもあります。話すことがなくともとにかく喋り続けることが重要です。無理やりでもとにかく話す!

http://www.mylanguageexchange.com/Default.asp

興味がある人はこのページがおすすめです!1ヶ月 $5~$6くらいで会員になることをおすすめします。ただでも出来るのですが、会員になればメールを活用できるのでより相手をさがしやすくなると思います。僕はここで20人くらいの友人を作ることが出来ました。話した人の数は60~70人と3年間で話しました。
よくネタがないと言う人もいるのですが、ともかく小難しいことは考えずにひたすら「なに食べた?」「天気は?」・・・etc どんどん質問していくのが大事だと思います。


2、映画ドラマ       これをひたすら見る1日最低でも2時間は見る!字幕は一切つけないのがポイントです(英語の字幕) お勧めは'Brother and sisister', 'Ugly Betty', 'Hero' なんかがいいと思います。

僕はいつも'The Pirate Bay' のサイトからいただいております。アメリカのたとえば僕の好きな'DEXTER'など放送終了後の1時間後にはUPされていますので常に最新のドラマが見れます!! FILEは安全だと思います・・・ピンクどくろマークが’安全!’のしるしです!僕のアメリカ・イギリス・オーストラリアの友人達はもみんなこのサイトで映画を引っ張ってます!


3、イミテーションエクササイズ  これはなにか好きな映画を見つけてなるべくマネをしてみるという方法です。僕の場合は’the art of getting by' で今まで400回くらい見てます。今日も見ました。なるべく現代の普通のラブストーリとか'hitch'などのコメディーがいいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=dX6Ezm-1NlQ こんな感じでやるといいと思います!

4、TPR・TPRSに沿って作られた教材  これが僕の勉強の中核をなすものでこの教材を1日7時間以上聞きます。 

TPR・TPRSの理論にのっとって作られた教材をGETしましょう!


5、ゲーム       オンラインゲームを英語でやる! 今はAionと Guild war 2 をやってます!チャットもでき様々な表現も学べます。

http://na.aiononline.com/ ちなみに無料(涙!)です

6、Face book   nativeの普通の会話表現が見れるほかアメリカ・世界各地の友人達との情報交換などに非常に重宝してます!

7、AFNラジオ、AD SHOW を聴く   時事ネタも大事なのでいつも聞くようにしてます。

http://www.bigeddieradio.com/  ED SHOW

http://www.voanews.com/media/video/latest.html アメリカのNEWS VIDEO が見られます!


http://www.facebook.com/Eagle810Tokyo AFN FACEBOOK ページ


8、作文     ある種のテーマについてessayを書きnativeに添削してもらう。


9、発音     英語喉のメソッドにしたがって常に意識をすることが重要です。会話において出来るかどうかが重要です。

次回は意味がないな!と思ったものです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

my method

英語の勉強を再度始めて3年たちました。そこで今までの勉強で役に立ったもの、立たなかったものを紹介しようと思います。

このページにどんどん書き足していこうと思うので興味があったら毎度checkしてみてください。

なかなか会話能力・リスニング能力が伸びずに悩んでる人がいたら参考にしてみてください。

ちなみに僕今の会話能力なのですが、はっきりいっていいのかわるいのか分かりません(笑)
なぜなら正確にevaluateする方法・テストもないし、主観もかなりはいるだろうし、そもそも何をもってペラペラ戸かいえるのか定義も曖昧で・・・

英検は2級しかもってません。そのうち1級・TOEICも受けたいな~とは思っています。

今の能力は

映画・ドラマ   モノにもよりますが 90% わかります

AFN        これもTOPICにもよるのですが 90%以上わかります

nativeとの会話 サシでの会話なら、まず99%聞き漏らしません。

わからないものー イギリスの映画(ものによって極端にわからない)・コメディアンのトークshow・ヘビメタ/hip hop の歌の歌詞 とかは きついです・・・わからないとかなりへこみます・・・


スピーキング能力についてはこうだとはいえないのですが・・・以前DR.Dの測定を受けたくらいの情報しかありません。


http://ameblo.jp/daikisoulcafe/entry-11167932737.html

LV9の中でLV2をもらいました! http://www.drdenglish.com/trial-lesson/

これから1年くらいたってるので自分ではさらに強化できてるとは思ってます。



僕のprofileですが、僕は小学校3年生くらいの時に母から当時杉並区にあった英語教室に通わされていました。そこは開成中学にお受験するような超賢い子供ばかりが集まってくる塾でした、週3回そこでみちっりと英作文をやらされました。当時としては珍しく先生は(女性の個人経営の塾)発音にもうるさく、半期に一度「赤ずきん」などの物語を丸暗記させられ発表会で父兄の見守る中劇をやらされたものでした。今でもこの先生がどういう人物かはわからないのですが、受験英語対策もさることながら、劇も取り入れ画期的な塾なのではなかったのかなと思います。

僕の祖父は東大出の弁護士・祖母は大学教授だったので母は教育熱心であったのですがこの塾のおかげで僕はすっかり英語が嫌いになってしまいました、それほど厳しくつまらない勉強だったのです。ですがおかげでこのあとの人生で学校の勉強にこまることはありませんでした。
他の勉強はめっきりできなかったのですが、この塾のpowerは大学までつづき、大学では英語を専攻しました。
大学では全く勉強せず女の子のことばかり考えておりました。最低週、10クラス以上の英語の授業をうけていましたが、英語は全く喋れませんでした。たしかにそこそこ普通の人よりはわかりましたが。

そのころは  

映画 -                理解度  20%

FEN(当時はこういう名前でした)       10%

ネイティブのいう事                30%以下 I beg your pardon.Please speak more slowly.を会話のたびに連発しておりました。



今でもTOEICなど意味がないとおもってるのはこうした経験を踏まえてのもので、はっきりいえるのがTOEIC等の従来の日本英語教育・音声学ではまったく英語はしゃべれるようにならないという確信があってのことです。

TOEICなんてどんなにいい点がでたところで全くやくにたたないと思います。

↑ これは訂正で役に立たないという事は無い、ただスコアがいいからと言って英語が喋れる・いいスピーカーであるとは限らないという事です。たとえ英検1級だとしてもスピーキングだがだめな人はダメという事です。

つづく・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

slang

あるブログを見ていたら(なんか英会話スクールかなんか)slangは悪!というのが全編ににじみ出ているpageでした。繰り返し程度の低いアメリカ人・留学生・帰国子女が無秩序に使用し英語をこわしているという事でした。

僕は全く別の考えです。確かにTPOは大事です。でもスラングわかんないと話しにならんと思います。第一native同士の会話も全くわからない・お客さん対応の英語しか理解できない英語の何がいいのでしょうか?僕はそんな英語は嫌です。映画・ドラマを見ても?音楽聴いても歌詞見ても?なんて英語の何がいいんでしょうか?映画はスラング知らなくてもわかるかもしれないけど、ドラマとか歌詞・TVshowはスラングを知らなければきついと思います。

ちなみに映画ではみなかなりちゃんとした言葉・表現を使っています。よくnativeの若い友人と話していて耳にするのが、「うん、それは映画みたいにちゃんとした言葉」みたいなことよく言ってます・・まあboratみたいな超下品な映画は別ですが・・・・

なんか低レベルなビジネスでは・・・なんてことも書いてあったんですが、どんだけ人をバカにしてんでしょうか?
大体なにが低レベルで何が高レベルなんでしょうか?年収・企業規模とかなんでしょうか?ビジネスの大小はたしかにあるとは思います。そんなものは子供でもわかると思います。お菓子屋で10円のキャンディーを買う子供も立派なカスタマーであって、これも売買契約なんじゃないでしょうか?誰がレベル云々を決めることができるんでしょうか?

例えばチャリンコ=自転車なんてのは日本人なら200%だれでも知ってます、でもアメリカ人の日本語学習者でも(長いこと勉強してても)知らない人多いです。こういう人が実際会話でチャリンコがでてきてなんだか分からなくて、「私はスラングはわかりませんので・・・」って言ってたらどうでしょうか?

正式なビジネスの場では’自転車で参ります’みたいなことは言わないけど、実際の社内では「チャリンコで参ります!」とかいうこともあるんじゃないでしょうか?人間同士の関係・信頼度・ポジションで千差万別に変化するんじゃないでしょうか?

この人のpageでは繰り返し無教養だのなんだのいっておりましたが。第一無教養な人間が英語話しちゃいかんのでしょうか?バカなくだらない話をしてはいけないのでしょうか?

どんな人でもofficial・かしこまった場で覚えた例えば'shit'みたいな言葉を使わんと思います・・・そんなことは子供でも分かるとも思います。

大体この人のブログを見てるとなんだかビジネス英語=ちゃんとした英語みたいのがにじみでてるんですが・・・一番難しいのは日常会話だぜ!!

確かに英語は日本語以上にオン・オフの区別がしっかりしてると思います。これはほんとだと思います。使っていいことば・いけない言葉がはっきり分けられてる。でも日本語の尊敬語・丁寧語という概念はまったく彼らにはない。ただ区別があるだけ。それを知ってればいいだけでしょう?

こういう奴らはグロービッシュでもやってろつーの!いいじゃん単にビジネスツールとして英語使えば・・・


やはりスラングは絶対に知っていないといけないと思います。そして使うことでここでは使っちゃいけないんだな~とかここまではいいんんだな~というボーダーラインをスラングをんどん使うことで身につけていくべきだと思います。

僕のnativeの友人達はみんな言います「日本人で完璧な英語を話す人が時々いるんだけど(大体高校・大学の先生・科学者・医者系に多い)、こういう人たちとはなんか話にくくて友達になりずらいんだよね~」という話をよく聞きます。ちょっと文法的にくずれていたり、スラングが入っていたほうが話しやすく親しみやすいというのです。僕もよくグループチャットをしてるとやはり完璧な英語を話す人ほどあとで「なんかあいつやだわ~」みたいな事を聞くことがあります。

確かにこの逆もあります僕も初対面の相手と話してて「なんかこいつあわね~な」と思うと相手もそうおもってるようで一回で終了!みたいなことも多々あります。きっと話し方もあるだろうし、様々なバックグラウンドがあると思います。

あそうそう、喉発音してるかどうかってのも重要ですからね!



確かに言ってることは分かるんですけど・・・なんかレベルが低いだの無教養だの書いてあるんで書きたくなりました。どんだけハイソなん?とか思いますわ・・・

やはり英語をやってる人たちはボンボンのハイソな人が多いんだな~と思います。大体結構、英語サークルとか見てると必ず小難しい話題でみんなディベートが大好きなみたいで何か違和感を感じます。なんか昔、英会話スクール行っても会話があわなくて、あわなくて・・・・

こういうのはなんだろう I feel stick out like a sore thumb. とでもいえるのかな~!

なんでディベートばっかせなあかんのでしょうか?僕はそういうのは嫌いです・・・やりたくない・・・「スイーツについて」とか「最近の面白い映画」とか「ゲームについて」とかみたいなtopicはいいんですが、なんで英語やってるだけで政治・経済みたいなもんばっか話あわんといかんのでしょうか・・・まあオマエはレベルが低いんだとか言われるんだろうけど・・・

そんなもんしないでも英語はうまくなると思う。なんかみんな「ドラマ・showとかフツ~の人たち会話はわからないから、わたくしたちはハイソな会話でビジネス英語するざます!ごきげんよ~」みたいなな感じで分からないことから逃げているような気がする。

以前、なんかどこかの英語の講師(自分でやってるかなんか知らんけど)その人のブログでもスラングのこおが書いてあって「そういう人(スラングを使う人)と話すと「どこのお里の人といつも話されてるかしら?」と思う・・・なんてことが書いてあって、お前はどこぞの華族かなんかだ?と思ったのですが、なんで英語やってるやつはこういうバカが多いんでしょうか?こう言う人が一番ー倫理感ーがないんじゃないでしょうか?

こういう奴らはきっとアメリカのフツ~の人たちと話してわからんと「無教養な人のいう事はわかないざます!」とかいうんだろうな~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

American english

今日はイディオムと表現を紹介します!どれも現代のアメリカで使われている表現です。

アメリカの映画ドラマを見ているとこれらの表現に出会うはずです。

みなさんはいくつ知っていますか?


・ I'm a teflon slacker. =これは誰にいろいろいわれても大事なことでも先延ばしにして直前までやらない・・みたいな意味を含んでます。  slacker はズボンのスラックスの語源「ゆるい=lazy」からきております。

傷がつきにくいslackerということです。


・ She was like bursting at the seems.= 彼女はとてもうれしかった!


・ He was two sheets to the wind. =あいつはベロンベロンだったよ!

他にも  He was trashed. super casual では  He got shit faced. 等もあります。


・ It was head and shoulders above the rest. = ほかよりかなりいい!

・ He said one thing behind closed doors. = 陰で隠れてやること

・ He got shit canned. = get fired =クビになる

・ He got pintched. =逮捕された


最近このページで読んだのですが


http://ameblo.jp/norealtropic/

スラング・表現が世代・地区でどのように変わるか説明されていて実に興味深いです。実は僕もこれは英会話の肝だと思っていて、国・地方・世代・グループで使われる言葉がどのよに違うかを知り、相手によって使いわける・・・これが大事だと思って日夜研究しています。

僕の英語はカンザスの10代~20代の田舎英語です。カンザスの友人達と毎日数時間~十数時間、2年間話していたので僕の英語はカンザスの英語だとはっきりいえます。

これがなにがいいかと言うと僕にはこのカンザス英語というスタンダードがあるのでこれを基準に他の英語を考えることが出来るからです。

アメリカは大変広いので(カナダをくわえればさらに広大)なわけで地区がかわれば全く通じなくなることもしばしばです。このページの彼はカナダ出身なのですが、ためしにアメリカの友人数人(西海岸在住)に見せて意見を聞いてみました。すると・・・


・LovelyとFabulous 確かにlovely は女っぽい印象がありようです。 Fabulous なのですが広く使われていると言われているようなのですが、男が頻繁に使うと確実に  ゲイ  くさいと・・・気をつけなければ・・・女性はどちらでも問題ないようです・・・

・Bling は広くつかわれているが、やはり白人・アジア人が使うと変!なようです。


・Cheezy(安っぽい、下等な、ださくありきたりな)なのですが ワシントン州(30代女性)談 ふつーに使われていると・・・むしろSecond rate があまり聞かないと・・・

それでアドバイザーBRIANに聞いてみたところ 「どっちも使わね~んだよこの野朗、That fuken blows. でいいんだよ! と言っておりました・・・はい、私はコレで行きます! That fucken blows man!!

・Trolling (相手をキレさせる”気づかれないように”) これはよく聞く表現だとおもいました!

英語はやればやるほど奥が深い・・・ますますはまっていきます・・・

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

translation

このブログで何回か話題にしている僕の英語アドバイザーのブライアンが新作の日本語の文を作成したのでここで発表します。

http://kazyusa.blog.so-net.ne.jp/2012-09-24  ここでブライアンの録音が聞けます。


・腐ったクラゲを食べることでアカになったヤツは中国語を勉強してる人じゃねんだよ

・民主主義について悪夢を見たばかりのアカが腐ったクラゲを食うことでくたばったってあまり気にしねんだよ

新宿にいるほとんどのチンピラによると、良心のないアカはバッタもんを売らない人のふりをすることで、黒い猫を買っていてカマキリに見えるクソババアから巻き上げようとしてたってよ。

・北朝鮮から来たあの貧乏神と腐ったクラゲを食べることでアカになれば、オレのレストランから消えろ! この赤いやろう!

とまあこんな感じである・・・

そこでブライアンから読者へのコメントなんですが、次の文章を訳して投稿してくれ!俺が添削するぜ!と言っておりますのでもし自信のある方がいればどしどし訳してください!

ポイントは文法的にあっているかどうかもそうなのですが、いかに自然な文章になっているかどうかという事です。

お題は・・・

1  希望のないアカはいちゃってるチンピラに誘拐されてマグロ漁船に乗り込んであいつの妻が帰ってくる前に犬死にしたんだ


2 アカは玉無しチンピラに誘拐されてマグロ漁船に乗り込んであいつのダチがハロモニを見てる間に犬死したんだ

3 オレはダチと金と希望すらなくピンクT-シャツを着て猿に見えるカマがいちゃってるチンピラに強盗されて良心のない会社からクビになったから、貧乏くじを引いた家なき子に捨てられた野良猫と貧乏虐待にすごく興味がある金持ちがアカから手に入れたぼろぼろの犬小屋で寝るしかなかったことをあまり気にしねんだぜ


まずはこの2センテンスです。是非挑戦してみてください!


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

simplify

先日上川先生がブログで書いていたのだが、英会話でシンプルにぱっと答えるのは非常に大切だと思う。何歳?と聞かれたら、’I'm~'とか言うじゃなくてもう25!とかシンプルにぱっぱっと答えるということだと思う。確か麻生さんもビデオでそんなことをいってたと思う。

昨夜HANAKOさんの紹介でDANというやつと話したのだが(テキスト)

[11/11/2012 11:43:47 PM] Dan: hello!
[11/11/2012 11:44:24 PM] Kazushi Yoshimura: hi how are you doing?
[11/11/2012 11:44:35 PM] Dan: good, so you are an english nerd?
[11/11/2012 11:45:30 PM] Kazushi Yoshimura: haha yeah you are a Japanese nerd aren't you?
[11/11/2012 11:45:56 PM] Dan: no I wish, I only know a few words, I was in Japan for 3 months but I forget all my japanese
[11/11/2012 11:46:41 PM] Kazushi Yoshimura: Where in the Japan did you go?
[11/11/2012 11:46:51 PM] Dan: Tokyo and Akita
[11/11/2012 11:46:56 PM] Dan: shushin wa nan desu ka?
[11/11/2012 11:47:23 PM] Dan: tokyo?
[11/11/2012 11:47:24 PM] Kazushi Yoshimura: Tokyo desu
[11/11/2012 11:47:30 PM] Dan: sugoi!!!!!
[11/11/2012 11:47:42 PM] Dan: I lived in roppongi/azabu
[11/11/2012 11:47:45 PM] Kazushi Yoshimura: not really
[11/11/2012 11:48:35 PM] Kazushi Yoshimura: nice town
[11/11/2012 11:48:37 PM] Dan: what part of tokyo
[11/11/2012 11:48:52 PM] Kazushi Yoshimura: nearby Adachi ward
[11/11/2012 11:49:34 PM] Dan: nansai desu ka
[11/11/2012 11:49:51 PM] Kazushi Yoshimura: 36
[11/11/2012 11:49:59 PM] Dan: shigoto wa nan desu ka
[11/11/2012 11:50:22 PM] Kazushi Yoshimura: truck driver desu
[11/11/2012 11:50:33 PM] Dan: wow!
[11/11/2012 11:50:43 PM] Dan: why can you speak good english?
[11/11/2012 11:51:14 PM] Kazushi Yoshimura: thanks man
[11/11/2012 11:51:51 PM] Kazushi Yoshimura: IDK just I want to speak like a native speaker.
[11/11/2012 11:52:43 PM] Dan: and how can you speak good english? do you take classes? have you been to an english speaking country?

こんな感じでテキストチャットしていくのだが、おわかりだろうか、10言交わしただけで[11/11/2012 11:50:43 PM] Dan: why can you speak good english? ということばを引き出せた。見ていただければわかると思うけども、ぜんぜん複雑なことは書いてない。
でもシンプルに答えていけば相手も自然な英語と感じてくれる。そうして喉で話すことで距離がぐっと短くなっていくのである。

日本人は敬語・丁寧語の影響もあってか英語を喋る時も丁寧すぎると思う、逆に考えすぎちゃうのもよくないと思った・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

AJATT

最近ふと彼のサイトのことを思い出した。彼はアメリカ人なのだが、数年で日本語をほぼ完璧にマスターして留学をせずに日本の企業に就職した人物だ。

僕の英語勉強の基本原理は彼の考えに大きな影響を受けている・・

日本語のlearnerのあいだではカリスマ的な人物として有名な人物である。

彼の名は' カツモト”

http://www.alljapaneseallthetime.com/blog/about

我々英語学習者も彼から学ぶことがたくさんあると思う・・・

僕のようなこれから留学のチャンスがゼロの文無しの学習者に希望を与えてくれる。

僕には2つ座右の銘がある。

1つは  ネルソン・マンデラ氏の 'It always seems impossible untill it's done.'

もうひとつが

カツモト氏の ' The drastic actions lead to the drastic results.'

なんである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

Face book

先日まあ、ある人物のサイトを見ていたらFace book英語勉強に役にたたないとかなんとかという記事があった。だれか芸能人?がそういうface book で英語を勉強しよう!みたいな本があるらしくそれを批判しているようだった・・・

僕は個人的にはすごく役に立つと思う!nativeの生の表現お宝庫だし。teenager たちの言葉使いをみれるのもすごく楽しい。

アメリカでもface book は好き嫌いが別れるところ・・でも持っていれば自分の写真を簡単に紹介できるし相手のこともよく分かるので非常に重宝してる!

http://www.facebook.com/kazushi.yoshimura

こんな具合に会話・チャットもできるのですごく便利!!

このブログ読んでる人で興味があれば友達申請してください!

持っていない人もこれを機会に持ってはいかがかと・・・きっと勉強になるはずです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。