So-net無料ブログ作成
検索選択

accent



これはオーストラリアの友人の録音だが、アメリカ人の友人にはすぐに「あっこれはオーストラリア人!」と分かるのだが、一体どの発音で判断しているのか気になって聞いてみた・・・・

まず  Bento ここでいきなりbento の oの節でアメリカ人でないことを確認、でboxこれがまたAussieの音。そしてmeat , pickles,work,storesが判断基準となっているようだ。

ほんとにこういうのを考えるのは面白い!

しかし最近、上川先生の発音がすごい・・・もう完全にnativeである日本人の要素は全て取り除くことに成功されている。ブラインドで聞かせてもnativeは日本人と判断しない。完全にアジア人ではない・・・面白いのが期せずして「British風」に聞こえる時があると。

すごいと思うのはただ単にスクリプトを読ませればうまい人はいると思う(nativeを一瞬だませる)でも普通に話してる会話でだませるのは日本で上川先生しかいないと思う。

カタカナの排除に完全に成功されてる、もちろんその時によってムラがあるだが、こころより尊敬する。

批判してる連中もいるが。はっきりいって彼らは先生の足元に及ばないであろう(実際録音はでてこないが・・)

はっきり言って日本人がうまいと思う発音とnativeのチェックというのは完全に違うのである、そこをもう一度考えて日本人英語話者の発音を聞くべきである。

上川先生はnativeと同じ音感を持っておられる。最近そう確信している。


fundamentalism



しかし最近思うのだが本当に英語メソッドは素晴らしい、ここには僕らがnativeになれる可能性を秘めた要素がたくさん公開されている。

いろいろと批判もあるが、信んじていいメソッドである。僕はここ2年いろいろと研究してきた。違う英語発声の先生方・音声学等に立ち返っても見た。だが音が違う・・・・すべての考察が英語喉へと回帰していく。全てのnative達との何気ない日常の出来事のつじつまが合うのである。

だが皆の衆、そんなに簡単ではない・・・方法はわかっても、やるのとは大違いだ。僕は発声・英会話はある種の運動だと考えている。僕は昔スキーインストラクターをしていた。かなりうまかった。理論もたくさん勉強した理論は必要である、ただそれ以上にやはり練習が必要だ。実際にやってやってやりまくらなければならいと思う。スキーでも理論をあれこれと頭でっかちに語る奴ほど下手くそばっかりだった・・・・

母音の音も喉からでなければ正確な音がでない。子音についてもそうである「アクビホップ」は重要な考え方であるし、リラックス口、グループ子音=母子分離は英語喉の概念意外では不可能である。

今後とりあえず練習してbento box を完璧に発音できるようになろうと思う。

もし完璧な音がでれば=nativeがnativeと認める音が出れば英語喉の証明になるであろう。

Jolene's bento box

今日はメールをJoleneからもらった。「BENTO BOX録音しといたよ~」とのこと。女性の方には女性の見本がいいのではと思うのでUPします。

http://audioboo.fm/kawaiibutterfly

う~ん 女神=最近こう呼んでる・・の発音はいつ聞いてもいい!!

bento again and again

BENTO BOX をひたすらとっていこうと思う・・・




bento3

bento box を友人のオーストラリア人に読んでもらった。今度はイギリス人に読んでもらおうと思ってる・・・彼のリズムでしばらく練習してみようと思う。



彼に僕の弁当を聞いてもらったら tripが悪いと言われた。あとはやっぱり喋ってる時はいいんだけど何か読んでると変だね~と言われた・・・

どうも僕の弱点はここまでのところ  street,straight ,strange=がだめ 余計な音が入る でもstrong ,strap はOK。 tre(i),tra(ei) の連結子音パターンがダメで tro ,tra はokみたい。rip がだめ=余計な音が入る したがってtripもだめ でも red, radはOK。 

よだんだが初めて話したアメリカ人から「オマエ'hamburger'の発音超うまいな!と言われた」こういった積み重ねでいくしかないと思う・・・

brian にはまた



と言われた。 「はい!恥ずかしいです!」・・・修行が足りないな・・・

bento box 2



私のアドバイザーBRIANに私の弁当BOXを評価してもらいました。

1 前のより(1つ前より2~3倍いい)

2 カタカナは聞こえない→これは意図どおりでございます・・・

3 オタクくせ~喋り方だ!

4 リズムが悪い

総評として・・・・何か見ながら読んでるだろう?とだから不自然なんじゃないかと・・・ 友人の一人、ジェニファーも同じことを申しておりました・・・一考」が必要です・・・あっ長崎さんもいってたな~

それから喉位置をもう少し下げて落差をつけシラブルメロディーを作らなければ・・・









私のアドバイザーBRIANが日本語を披露したいというので発表します。

bento

昨日UPした音声を私のアドバイザーBRIANに聞かせましたところ本気で30秒くらいバカにされ笑われました・・・私だけではなくMASAさん、YOSSIの音声も大笑いしてましたです(ほんとうにギャハハと腹をかかえておりました・・・アメリカで公表したいと・・・むかついたので「黙らないと殺すぞ」と英語でぶちきれたしだいでございます。しかし彼曰くオメーラは読むと変な節ついてとにかく変なんだよ~」というのです。おかげで私考えに考えてついにあることにきずいたんでございます。しかし現にアメ公にこう聞こえる以上しかたないのです・・・あのクソBRIANに「オマエスゲーな」といわせてひざまずかせるのが私の目標です。


tell right from wrong



弁当箱は非常に読むのが難しく避けておりました・・・1年ぶりくらいに録ってみました・・・よくなってればいいのですが・・・







今日は英語の弁別的要素について考えてみた。あっここであげるのはnative←英語圏のね!がある人の英語を聞いたとき「あっ こいつの英語はnativeだ!」ということです。



・ リエゾン    無くても英語は英語

・ glottal stop 無くても英語は英語

・ 共鳴音     これもあってもなくてもいい

・ 鼻要素の音  これもあってもなくてもよい

・ スピード    速かろうが遅かろうが関係ない、個人差

http://www.youtube.com/watch?v=0KAxQ5_KqNQ&feature=related このHolly のような話し方は参考になると思う・・・


・ 母音      これは喉からしっかり出てれば(深いところ)=喉開放でもいいと思うが OK 

・ 腹式呼吸   音がでてればどうでもいい胸でも腹でも


ちょっと弁別要素とは違くなってきたけどこのままいく!

・ 口の形とか  どうでもいい・顎が落ちてようが口が開いてようが関係ないと思う

・ イントネーション (文単位での) ないよりはあった方がいいけどちょっと違う・・・

まあ今のところこんなとこだと思う・・・

あっこういうと英語っぽいな!っていう要素はどんどん捨てていかなければいけないと思う・・・

結局nativeが日本人話者の英語を聞いて「うんこれは日本人!」と判断するのはカタカナが聞こえるかどうかだ。

杉山ハリー(nack5でかれの英語が聞ける) 僕の友人のザック(旧blog ’it helps' で聞ける!)かれらの英語はnativeが聞くとnativeの英語である、nativeなのだから当然である。彼らの英語は分からない人にはnativeっぽく聞こえないかもしれない、でもかれらの英語にはカタカナがない。どこまでもsharpな英語である。

昨日上川先生のVIDEOを見てかなりのパズルのピースがうまった・・・久しぶりにexciteした。

例えば tab 、top のような語の場合カタカナは2箇所に(まあ1箇所なんだけどイメージ的に2箇所の方が僕にはしっくりくる)specter のように現れる。子音それ自身を音として't'として捕らえまた発声することができるnativeにとっては日本人の英語は恐ろしく無駄な母音が入った発音になっていると思う。

この2箇所めのカタカナいわゆる'ー' と′ッ’はいやカタカナではない、カタカナから派生するこの'ー' と′ッ’はこの’英語喉最大のコツがシラブルのメロディーが解決してくれる。これは大きな前進である。日本人話者全体にとっての大きな前進といっても過言ではない。

しかしここで味噌なのがこのシラブルメロディーを作るには’高低さ’がどうしても必要になる。それはもう喉の深さでしか調整できないのである。そうじゃないとただカタカナの’-’の部分が延びるだけになると思う、メロディーが生まれない。

http://www.youtube.com/watch?v=Eal4fep7pK4&feature=related

あくまでもカタカナの’ノー’じゃないのである。

従来のイントネーション英語はnativeに聞かせると評価はいい、だが「でもね・・・なんか違う・・・」という感じなのである。それはそうだ、いくらイントネーションをつけたところで語自体にメロディーがないからどこまでいってもflatなのだ。

僕はずっと疑問に感じていたことがあったそれは日本人の歌のうまい歌手の英語の歌をnative(英語圏のだぞ!)聞かせると「おっ こいつアメリカ人みたいだな!」って言う。ためしに誰でもいいから日本人の歌手(まあBZとかラルク・X?なんでもいいけど)をきかせてみるといい。みんな超英語うまいね!っていうから。
僕の友人が言ってた「なんでXってさ歌歌ってるときnativeみたいなんだけどさ、英語はなすとなにいってんだかわかんないんだよね~なんで?」って言ってたのを思いだす。ようはメロディーにのることでカタカナ感(これにはもうひとつ要素があるとおもうのだけれど) 'ー' と′ッ’ のflat感が消えるからだ。

nativeはflatな英語('ー' と′ッ’ )のいっぱい入った英語を聞くと、いくら母音が正しくても「う~ん なんか機械的だよな抑揚がないよな~」というそれで言いたい事を強調して強く言うという方法がでてきたんだろうけど、しょせんはどこまで行ってもflatなのである。

なんだかんだで残るひとつの自分の中での難問を考えなければならない・・・



Jolene

今日は久しぶりに親友Joleneとhang out できたいろいろと英語発音を研究して4時間話せた!!とても楽しかった!!



この音声を評価してもらった。お世辞は止めてくれといった(たぶんそうはいっても入ってると思うが)

・ テキストなしでも初めて聞いても95%以上わかる。

・ ピッチも感情の乗せかたもいい。

・ 悪いところは ’L’ のサウンドこれがnativeとは圧倒的に違うとこれが僕の発音をnon native に落としている最大の原因だといわれた。これは意外だった。

・ リズムは概ね良好のよう、しかし会話のときのほうが自然でnativeに近いと言われた。ここに来てやっとリズム訓練の効果が出てきたような気がしてうれしい!!

・ あとは母子分離の問題なのだが、先日MIXIでpapatanaka氏に罵られ大学時代の恩師を思い出しgoogleしたところまだご存命であるサイトでQ&Aコーナーを開設しておられもうコンタクトをとっていろいろと話を伺っている(僕はいろいろなことを幅広く吸収していきたいと思ってる)これも教授の回答をまとまり次第紹介したいと思う。

でも自分でもpapatanaka氏にも指摘されてるようにミスタイプがひどいと思う・・・これも会話優先で′書き’をおろそかにしてたからだと思うAussieをOGとかいちゃったりとか・・恥ずい・・・これから書き取り練習をしてこうと思う。ほんとどんな奴でも  我 以 外 皆 我 師 だと思う・・・

そこでJolene に読んでもらった

http://audioboo.fm/kawaiibutterfly

ありがとうジョリーン!! 彼女のアクセントはきれいだ・・・僕は西海岸アクセントがきれいで好きだ・・・

ジョリーン約束どおり投稿したよ!来週はアイオンやろうね!!

I posted your recording stuff.Let's play aion next week. I 'm going to be spoiled by your hip English.


ass 1

ちょっとmixi でassの使用例の話が出たので書いておこうと思います(自分でわすれないように)というのはこのass アメリカ人はが大好きな言葉=使用頻度が高い!だからです。

I got drunk last night and somehow called in a bet for money I do not have. My broke-ass now needs $900 by Monday and I have $150.

これなんか面白い!

scraped by like a broke-ass piece of shit once again since last pay, only to repeat the same.


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。