So-net無料ブログ作成
検索選択

clue 2

先日は発音について僕が思っていることを書いたんですが、今回はリズム・アクセント編です。

僕は常日頃から英語には日本語とは絶対的に違うリズムを感じていてそれが何かをずっと考えていました。

なにか普遍的な絶対的な法則があるに違いないと思っていました。

そしてまずたどり着いたのが英語は’裏拍’のリズムにのっているという事でした。恥ずかしながら音楽には疎くてこの’裏拍’という言葉も知りませんでした。

http://www.youtube.com/watch?v=zhzVhFkj-vc

このように西洋人は裏拍でリズムを感じています


http://www.youtube.com/watch?v=w7UsKugHElE&feature=related  0:50のところ

手拍子もこんな感じになるわけです・・・フランス語だけど・・・

日本語は全て表で話されています。日本人の英語にはグルーブ感がありません。友人のミュージシャン(インディーズDEBUT)と色々とはなしましたが、確かに裏拍のリズムであると・・・でも・・だからしてこれをどうすればいいのかと・・ゆきずまりました。

そして次にたどりついたのがnursery rhymeでした

このnursery rhymeは確かに裏拍にのって唄われています。これはいわゆる童謡のようなもので向こうの人なら誰もが子供のころに習って歌うものです。

http://www.youtube.com/watch?v=Jzc29ktRfps&feature=relmfu

実はコレは既にYOSSHIに先回りされてました(笑)

そしてもうひとつ謎だったのが僕がnativeの友人と話している時1年位前かな?ヒソヒソ話で話してる時に友人が「あっお前今nativeっぽかったよ」と言われたのです。何故なんだ?コレが謎 1

そして謎 2 が僕はアイルランド人の真似がうまいのですが(イタリア系アメリカ人といわれる・・nativeには)これをやっていると日本人英語っぽくない。何故か?

謎 3 僕の友人がsoucer =ゲームのキャラで魔法使いです。というときこれが中国語の 我是~の是の発音っぽい・・・ということを常日ごろから感じていました。何故似てるんだ?

これらの謎がつながってきたのがつい最近でございました。

以下次号につづく・・・・




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

'yeah' disease

最近は英語に対するモチベーションが下がっております・・・コレは最近に始まったことではなく定期的に襲ってくるのです・・・もし僕がTOEIC・英検等の勉強に照準を定めていたらきっと1年半くらいで挫折してたと思います。今は友人もアメリカ人しかおらず(引きこもりで付き合いをたっておりまして・・・世間と・・仕事以外では・・・)テレビは一切見ず英語でしか映画・番組を見ないので、勉強・・・というよりは生活の一部としてたんたんと続いている感じです・・・だもんで長期間ひとつのことを続けられる方を本当に尊敬しています。例えばYOSSHI!!彼女とは上川先生のサイトを通じて知り合ったのですが、良き戦友?として尊敬しております。鋭い観察眼で英語を分析することができる方です。発音もすごく上手だと思います!!何か思いつくと必ずといっていうほど既にYOSSIが既に、かなり前にそのことについて述べておられたりして、なんか常に先回りされている感じです。子育ての合間に勉強され、本当にご苦労だと思います。


http://kokusan-native.at.webry.info/

特に僕はつい最近まで’r’と’l’の聞き取りが正確にできませんでした。特にAFNなどで未知のRで始まる単語を聞いたときよく間違えていました。ですがYOSSHIさんの気づいた秘訣のおかげでほぼ完璧になりました。
ありがとうございました。これは一子相伝なので発表はしません(嘘) こういった発想の転換には驚かされます。僕は頭が固いので苦手でです・・・

さて表題の’病気’なんですが僕は時々nativeとの友人との会話をこっそり録音してCHECHしておりまして。そして一時は完全にwipe outしたかとおもっていた'あいづち病がまた再発しておりました・・・滅茶苦茶言ってるんです 'yeah' 'yeah'・・・と・・・・とにかく日本人くさい・・・(悪いわけではありませんが・・)

英語はほんとにwalkie talkieで話すみたいだとしっくりくると思います。


特に長いセンテンス・段落で話す時不安になっていってしまいます(SKYPEで顔が見えないといううのもあります)そしてyeahがでてしまう・・・

自分の独り言を録音してUPするというのはこの病気の対策にもなるかな~と思っています・・・


このwalkie talkie会話に慣れるには、勇気と自信そして慣れが必要だと思ってます・・・
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

clue part1

これから何日かに渡って僕がこれまで英語を勉強してきて得たclueをシェアしたいと思います。ただコレに関して議論をする気は毛頭ないので、見てくだらんと思ったらスルーしてください。役に立つと思ったら試しに実行してみてください!何かのヒントになるかもしれない・・・・議論は嫌いなんで絶対しない!俺は自分勝手だから人のことはどうでもいい、自分の発音がよくなればそれでいい。だれかを論破して悦に入るサディストでもないから・・・どっちかっていうとマゾかな・・・・でもいじめられんのもヤダ!(笑) まあ単に口で負けてしまうから議論したくないからです。僕は議論好きな理屈っぽいsmart assは大嫌いです。

でも英語を真剣に勉強している方は僕にとっては同志です。だからこれらがお役に立てばうれしいです!

これらの元になるのは2年間のアメリカの友人達との何気ない会話・Brianとの研究・上川先生・DRDの講義・YUMI先生のカウンセリング等を通して実体験で感じてきたことです。箇条書きで書きます!


発音

・喉発音=喉の開放 で話すことが英語が英語であるための絶対条件。

・確かに口発音でイントネーションを強くつける、または口を激しく使って喋ると=通じる・nativeからもうまいと言われる、また話者によっては喉発音を凌駕する場合もある・・・(nativeからのevaluation)

・しかし・・・音が弱い。喉開放で話した時以外はnative speakerは日本人の英語を弱く・timid /wimpyと感じる
人によっては(全ての人間がアジア人に友好的ではない)wimpyなひ弱なアジア人としてバカにするだろう。相手にもされないかも知れない。
これはビジネス・コミニュケーション活動において大きな障害となる。ただ韓国人・中国人の英語も同じく音が弱い。アメリカ人はこのようなwimpyなアジア人英語を内心バカにしている。海外の発音練習サイト・英語学習サイトでは悪い例では’中国人ならこう発音する、またはこういうアホな文法で話す’というのをよく見る。ここで喉開放で話して行けば存在感を強めることができ、他のアジア諸国との競争の中で大きなadvantageとなるであろう。是非これからの日本を担う若者たちに喉を使いどうどうと話して・対等に欧米人と付き合える関係を作っていって欲しい!

・喉は軟口蓋をあげる事によって開放される。アクビをして息を吐く一歩手前・あるいはびっくりして’はっ’とした時の状態で。息を吸うと冷たく感じる箇所である。この「入り」を常に作れるように練習したい。

・だからして英語は笑いながらも喋ることができる

http://www.rachelsenglish.com/im_eavesdrop 1:34みたいな感じでもちゃんと言える。これを日本語でやろうとするとできるけど、言葉にちゃんとならず完全にアホみたいになる。

・感情を表したいときには強く言うのではなく、トーンや裏声で表現してやる。

http://www.rachelsenglish.com/im_midnight 2:23 みたいな感じ!

nativeは特におどける時とかに裏声を多用するこれも英語の特徴だと思う。日本語でもやる人もいるけどちょっと変なやつになると思う・・・

nativeと話していて冗談を言う時にこのようにトーンを変えてやるとうける!これも日本人話者に足りないところだと思う・・・

http://www.youtube.com/watch?v=LpJ3yzUPbL0 3:18みたいな感じ 0:29みたいに声を変えてやる。

2:31 くらいできるようになりたい。


・音声点は人によって違い喉発音=喉開放が必ずしも低音・だみ声とは限らない。喉を使うと高い声が出ないという批判がよくあるが、間違いであって、これは声帯の状態にも左右されると思う。vocal fly は喉の開放のしるしであるが、音のかぶりもあり必ずしもはっきりきこえるとは限らない。一般的にnativeであれば早朝・または寝る前の疲れた時vocal flyが響きやすくなる。杉山ハリーの声は限りなくクリアーで、中にはカタカナ・日本人英語と勘違いする人もいるが、アメリカ人に聞かせると、「イギリス人?」という反応。非常にクリアな音を持つnativeもたくさんいる。杉山ハリーの英語は東京にお住まいであれば月~木の11:30~1:50 J-wave の park in the sky で聞けます!

・vocal fly は特に若い世代では一部の若者言葉を除きあまりいい・知的な印象を与えないのではないかと思う。イギリス英語ではあまり・極端にみられないのでは?ないかと思う。事実アメリカ人のイギリス英語への印象はきれいで知的・かっこいいというものが多い。

・母音の音は響きの強い母音と響きのほとんどない母音にわかれこの高低差・前後差(僕のイメージは前後差)がイントネーション・英語のリズムを作る一要因である。英語特有の共鳴音はこれらの響く母音から作られ
る。喉の共鳴音はnative speakerでも個人差があり、すごく強い人からほとんどない人まで様々である。であるがあまり強い共鳴音はロボットのような印象を与え、nativeにとっても個性的な声と映る。また出ていない場合でも声は薄い印象を与えるが英語そのも自体に影響は与えない。自分の目指す英語・また好みによって考えていく必要がある。共鳴音がある英語は我々にとってすごく英語らしく聞こえるのだがこれがあまりないnative speakerの音声をnativeに聞かせると「別に フツ~」と言う。

・舌に関しては特に意識する必要はない。アクビをすればわかるように舌は喉が開放されていれば自然と伸ばされた、中央のくぼんだスプーン状になりこれもまた喉の開放を助ける。人体の自然な反応だと思う。ただ全く動かないというわけでなく、音によってはダイナミックな動きをする。Rの音などは個人差があり舌を引き気味に発音する人と全く動かさないで発音するTYPEがいる。

・顎も同様で喉が開放されていけば自然に大きな動きで(顎は軽く引く)上下動してくると思う。

・口の形状に関しても’音を引くように発音する’=DRD談 にしていくと自然に形状をなしていくと思う。イメージ的には息を吸い込むイメージで発音していく感じだと思う。これで発声の場所がわかるのだと思う。無理に口を作る必要はなく、音は似た音が出る場合もあるが本質的にことなるものである。よくある口の形メソッドは英語が完璧に話せるnativeがより良い発音をするためのメソッドをただ日本に持ってきた気がする。日本のスーパーのパートさんがレジに入る前の発声練習のようなもので、これで英語の音は作れないと思う。


・鼻  nativeは口と鼻同時に吐きながら発音している。であるが鼻の共鳴はあくまでも喉の共鳴のオマケ的なものであまり意識する必要はないと思う。実際全てのnative speakerに鼻声の要素があるが、これは個人差がり、すごく鼻声の人もいればほとんど鼻声要素のない人もおり様々。であるがあってもなくてもnativeにとっては気にならずこれは英語の絶対必要条件ではない。また、昔のエレベーターガールのような鼻にかかった声はバカにされ失笑をかううであろう。これも音の好みの問題であると思う。


このpageはとり急ぎ書いたのでどんどん補足していきます!


以下次号 アクセント・リズム編へ続く・・・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

aion



今日はDR.Dの講義を受けまして・・・

http://ameblo.jp/daikisoulcafe/

みなさんもトライアルもありますので是非うけられたらいかがでしょうか・・・

上川先生からもアドバイスをいただきまして・・・・・

http://nippondream.com/eigonodo/


上川先生は本当に面度見の言い方なんでメールで連絡したらきっとアドバイスを丁寧にしてくださると思いますので、一度コンタクトを取られてみたらいかがかと思います・・・

かなり最近ははっきりと見えたきた部分もあり、しかしうまくできず歯がゆいのですが・・・

来週くらいには僕の中での英語発音・リズムに関する考察をちょっと書いてみようかな~と思ってます。


ところで・・・AION!! 昔はまってたonline gameなんですが・・・



今までも海外のプライベートサーバーでは無料でplayできてたんですが、動かないクエストやlaggingしたりと何かと不都合が多かったのです。

そしてこの度なんとアメリカのofficial server が無料になりました!!

4月11日まではレベル40までにしかupしないのですがそれ以降は最高が60までにpower up!!(今までは55)

早速アメリカの友人と登録し始めました!!

これまでのサーバーではロシア系の方も多くなにかと怪しい英語が飛び交っていたのですが今回のサーバーではほとんどが北米の人達なので英語の勉強にももってこい!!

ゲームの中ではchatはすべて英語なので作文能力・スラング・略語の勉強にもなります。

是非みなさんも試してみてください!!

下記リンクからNCF SOFT ランチャーをdownloadしてサイトへ登録すれば簡単に始められます!!

http://www.youtube.com/watch?v=UDCnBmgw-CY こちらトレーラーです


http://us.ncsoft.com/en/aion/  こちらでdownloadできます!!


今日は友人と5時間もしてしまった・・・でもskypeではなしながらしてるんで・・これもまた勉強!!

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

evaluation 1

昨日音声UPしましたが、私のBRAIN Brianにも聞かせましたところ、'Your English blows'ということで大変な酷評を受けておりますです。まあいろいろとやりかたを試行錯誤しているのですが、やはり「音のこもり」は徹底的に排除しなければいけない要素です。それがよく分かりました。

みなさんもこうなってはいけません(笑)大変悪い見本です。

でもあくまでも私自身過渡期でございまして・・・なんとかして行きたいとおもっております・・・

上川先生からもお言葉をいただきました。

「こもりは、英語の弁別的要素ではないので、あると、逆に、意味不明になるのじゃないかな~と思うのです。」

これは名言だなと思いました!ありがとうございます。

しかし英語はむずかしい・・・やればやるほど難しくなる・・・・自分の下手さ加減に何度も、今でも「やめようかな~」とか思うんですが・・・アメリカの友人達のおかげで続いてる感じです、今は・・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

practice

ちょっと記事を読んでみました。まあ単に記録として3月17日現在がこれでこの後どう上達できるのかという記録です。
今は意識していることが(課題)5つくらいあって難しいです・・・やはり武道の稽古のようにひたすら反復練習かなと思う今日この頃です・・・・



New iPad model hits markets across world

A new version of Apple's tablet computer, iPad, hit store shelves across the world on Friday.

A line of about 450 people waited for an Apple shop to open in downtown Tokyo.

It is the first version of the iPad launched by the US computer giant since the death of its co-founder and former CEO Steve Jobs last October.

While the design and size of the tablet remain unchanged, the new model features an upgraded screen. It shows images as sharp as those of high-definition television.

The new model features a higher resolution camera. An improved processor allows faster handling of video and other data.

Competition in the tablet market continues to heat up. Apple's rivals, including Sony and Samsung Electronics, are also launching new models.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

trial lesson

今日は以前から気になっていたハーフの英語の先生のトライアルLESSONを受けてみました!!

父親がフランス系カナダ人のハーフであるN.J.フィリアトロー氏!!

英語はもちろん完全なネイティブ発音日本語もそう!うらやましい~

なかなかハーフが講師!みたいなスクールは珍しいと思っておりまして興味を持っておりました。

40分ほど発音指導をして頂きました。感想はやはり口の動きでの調音は大事だな~と思いました。特にerのサウンドはかなり出すのが楽になりました。僕にとっては秘訣になると思います!!Nice one !

やはり様々な角度から物事を見る事は大事だな~と最近思います。でも僕は自分がこの人の発音は本物だ!と思う人以外の言う事は絶対聞きませんけど・・・・

http://ameblo.jp/norealtropic/

今なら無料で「英語脳GETの3ステップ」という虎の巻ももらえます!無料トライアルもあるので試されてみては!


今日の英語鬼のような女房に罵られながら頑張った!!


ネイティブとの会話                7時間

文法 (TOTAL ENGLISH) 飯とクソしながら 30分 

英語マル秘listenning text 2時間

コピーイング The art of getting by 1時間

イディオム・単語 タバコ吸いながら       30分








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

a consonant



常日頃からどうしてこうも日本語と欧米語の発声の違いがあるのかと思っていたのですが、先日こんな記述を見つけました。



「日本語は他の言語とは異なり、いくつかの日本語にしかない特有点を持ち、世界の言語の中ではユニークかつ難解な存在」ということがよく聞かれます。その特徴の一つが「日本語は世界でも稀有な母音語族」であることです。

http://bbs.jinruisi.net/blog/2011/08/001023.html

非常に興味深い記述です。ここにネイティブ発音を可能にする謎が隠されていると思います・・・だんだん最近分かってきた・・・・
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

copying

最近はコピーイングにはまってます!賛否両論あるようですが、天満先生素晴らしい発音がその効果を物語ってると思います。

最近見つけたwebsiteなんですがこのサイトで練習してます。皆さんも試してみてはいかがかと思います。


http://www.rachelsenglish.com/imitation_exercises

この中で最も見たいな~と思ったのが 'The Art of Getting By' です。英語勉強にはこういったラブコメディーが普通に向こうで使われてる表現の宝庫なんでいいと思ってます。

それで主演のFreddie Highmore 彼のこと最初はきずかなかったんですが「チャーリとチョコレート工場」男の子!

すごく大きくなりましたね!でもってこれはNY舞台のアメリカ映画なんですがアメリカンアクセントがうまくてアメリカ人だと思ってましたがイギリス人なんですね!驚きました・・・

アメリカンアクセントについては彼、こんな風に語ってます


http://www.movieweb.com/news/freddie-highmore-kerri-russell-and-jonathan-rhys-meyers-find-family-in-august-rush


でも普段はばっちりBritain アクセントだ!

http://www.imdb.com/video/screenplay/vi4189625369/

天満先生はアマデウスをそらで半分くらい言えるとおしゃってましたが、僕はこれで行こうと思います!

彼の英語coolだわ!

この子のmimicryも超面白いので見てみてください。いや~すごいわ!!


http://www.youtube.com/watch?v=dABo_DCIdpM


それでもって コレ! Red neck accent イメージ

http://www.youtube.com/watch?v=4Wroj0FLvzs&feature=related

う~んヒアリングがむずい!

でもってコレ!この子面白い!友達になりたい!

http://www.youtube.com/watch?v=3ey62b5Xqe0&feature=related



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

Big word

Yosshiさんのblogを見ていたらfiller word話題が出ていたのですが、僕は最近単語の分類分けをしています。英語ではBig wordというのがあってなんだろうとにかくスマートに見えるでっかい表現です。今一番あればいいな~と思ってるのがこのBigword度が大・中・小で分かれている単語集があれば最高だなと思ってます。今は相手の環境・年代・キャラクターに応じて使い分けるようにしてます。これは凄く重要だと思います。例えば教養レベルの低い人にBig wordを使うと分からないかもしれないし、相手の性格によっては「こいついけすかね~奴」とか思われてしまうと思うからです。日本語でもそうですよね。だから最近は前出のブライアンにいちいち単語をBig wordかどうか確認してます。辞書でも口語・文語とかわけてあるけどぜんぜんですよね。逆にビジネス英語なんて簡単でこれらのsmartに聞こえるbig word を連発してやれば。あるいは年配者と話す時も「ああこいつ賢いな!」と思われるんじゃないかと思われます。

例えばinnate は若い奴や教養レベルの低い人→bigword変換でpropencityでsmartにとか

againstをちょっと賢しこぶってantaganisticと言ってみたりとか・・・・

高校生ぐらいにはaspectを使うだけでちょっと賢く思われるとか・・・・

wierdの代わりにpeculiarを使っちゃうとか・・・

こういう使い分けはcommunicationに凄く重要だと最近思い始めています。日本人は普段の会話でもBig word連発だから・・・ちょっと距離はできちゃうかもしれませんね・・・

僕は友人と話す時なるべくbigwordを使わないように気をつけてます・・・距離ができちゃうから・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。