So-net無料ブログ作成

katakana 1

なまりとはなんなんだろうと考えた時、やはり日本人の前立ちはだかっているのは「カタカナ」の存在である。もう一つの雄は’-''ッ'の存在であろう。

最近英語喉そのほかの英語サイトをみてもどこもかしこも「論理的・ディベート」といった文字ばかりみるのだが、見ていて俺はこれじゃないな~と思った。

だが否定してるわけでもなくルサンチマン的な考えではなくこいう賢い連中がいなければ国は回らない。確実に必要な人たちである。だが俺とは人種が違う。

僕にとっては内容なんかどうでもよく、ただ英語そのものがすきなんだと思った。最近 Trailer Park Boys をseason 1 から見ているのだが、僕にとってはこの中のジュリアン・リッキー・バブルスとかの英語が断然かっこよくって論理的なんてものは関係がない。ただただ彼らのように話したい。僕にとっては英語はtool ・ましてや金を稼ぐための道具でもないことがわかった・・・僕はこれを「はみだし英語」と勝手に名ずけた(大道塾 東先生のぱくりのようですがそうではありません)

ということで今年はTOEIC /英検等を受けようと思ったのだが全部止める!今年はカタカナの排除・アクセントに命をかけていこうと思う。

これから数回にわたり典型的な日本人の陥りやすいパターンと僕なりに考えた対処方を紹介したいと思う。全部nativeの友達と話してて、自分できずいたり、指摘されたものばかりだ、いわば僕自身こういったミスをつずけていたわけだ・・・

第1回は・・・・・・・・


’-' と代替音の排除!!


・パターン① ou を オー といってしまう    told / phone などである トールドゥ・ フォーンといってしまう。nativeにはひどくなまって聞こえる alone = アロウン である アローンだと along になってしまう。


・パターン② ou を オ で置き換えてしまっている  hotel  ホテール と言っていないだろうか? houtel であるこれもnativeにはなまって聞こえる。

・パターン③ au を をはっきり発音できていない allow が代表 この単語は アラウであるまずほとんどの日本人の発音は通じないと思う。

・パターン④ h を f で置き換えている hi,hey , hook 等の音は’は~’という息の音だけである 日本人がいうと 全てnative には 'f' に聞こえてしまう。

 はー と息を吐いてそれに a i u e o を付け足す。

ha - a ha- i ~ といった具合であると思う。

・パターン⑤ これはカタカナから少しそれるのだが 末尾のDが弱い。例えばgo to bed などで' d' をはっきりと発音する。これもしないとなまって聞こえる


・パターン⑥ ⑤と逆に 末尾の’t’を強く発音してしまう。これもごくかすかに弱く発音する。これもひどくなまって聞こえる。

・最大の難関 street/tree のパターンどうしても余計な’U’が入ってしまう・・また'R'が’W’になりやすい連結子音である この場合いっそ storeet /toree からoの音を弱めていくアプローチが有効だと思う。実際にアメリカの子どももしばしばrがwと混同してしまうケースがあり発音コーチのlessonを受けて矯正することもままある。この場合大体1~2ヶ月で子どもたちはこの問題をclear するようだ。


・また plural rural も日本人には難しいパターン これもイメージ的には plu-ロールと言う感じで舌の干渉を若干強めてやると音がよくなると思う。

次回は子音・母音のseparationにfocus します!今はこれを1日千回くらいやっている・・・



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。