So-net無料ブログ作成

beat4

現在の音声を比較のために残しておきます。






今はひたすら子音と母音の切り離しの練習をしています。ビートを母音の上に持ってきて子音を先に出す作業です。1日1000回くらいやってます。ひたすら反復あるのみ・・・

まだまだぜんぜんできないので何万回でもやろうと思ってます。

カタカナは子音と母音の間がせますぎるのでグルーブ感がまったくない。前の母音と子音がつき次の母音に入る間が開いていれば次の音に対する期待感が高まりグルーブ感がでる。そしてこの母音にも次の子音がほぼくっついている。

僕はこれがリエゾンの正体ではないかと思ってる。そうじゃないかもしれないが、これをやらないと絶対にnativeのスピードでは喋れない。早くしゃべれたとしても、なんかアップアップで余裕がなく聞こえるはずだ。特に早く喋った時に分かるんじゃないかと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。