So-net無料ブログ作成

Th-Fronting

弁当・弁当そして弁当・・・






最近イギリスの友人と話す量が増えてきてなにかとイギリス英語に触れる機会が増えてきている。


アメリカ人からするとイギリス英語は「知的」に聞こえるようである。ちなみにアメリカの女性からはオーストラリアアクセントは「セクシー」に聞こえるらしい・・・

ところでやはりイギリス英語はわからないアクセントがたびたびでてくる。その代表格がこのTh-Frontingである。

最初話していてほんとになにを言っているのか分からなかった。

smoother が smoover に聞こえたので聞き返すと http://www.howjsay.com/index.php?word=smoother このlinkを貼ってくるのである。無意識にこう発音しているのである。 イギリスでは若い世代を中心にth =f .v に変わってしまうのである。

mother =mover ,thing =fing といった具合である。

http://dialectblog.com/2011/12/06/anovver-fing-about-th-fronting/

このドラマはロンドン南西部が舞台、コックニーがたくさん聞ける

http://www.youtube.com/watch?v=SMdQl9oJspc

イギリス英語恐るべし・・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。