So-net無料ブログ作成

AFN

今日はYOSSHI(英語仲間)とブログ上で会話しててAFNについて考えてた・・AFNは英語の勉強には非常に良いサイトだと思う。

まあアメリカ軍の番組なので’jingoism'だとか色々と批判もあろうとは思うが、また音楽の番組が多すぎるとの意見もあるけれども番組をある程度狙っていけばとてもいい教材になります。

今日はAFNについて紹介します!

まずいいところは ★ タダ!!そうですただで聞ける 

僕のおすすめは  1  平日 月~金 7時~8時
Ed Schultz ’heart of America' http://en.wikipedia.org/wiki/Ed_Schultz アメリカの政治に関するEDのtalk show! 内容は難しいです、彼自身も早口なので(実際は普通なのですが英語の聞き取りの弱い人にはきついと思う・・・)僕もながらで聞いていると意味を失うことが多々あります。単語も分からないものも多く・時事モノも多いのでたびたびわからなくなります。

★追記 11月8日 今日聞いてみたけど95%くらい?はわかるわ、単語力を強化すれば100%わかるかも!題名もEd show だね!何かテキトーに書いてしまった・・・nitpicking が好きな奴らが多いからね~

2 平日 月~金 6時~7時 NPR Morning Edition こちらはニュースです。キャスターがCNNのようにクリアにしゃべってくれるので簡単です!=注)聴くのがラクという事です


3 日曜日 朝7時~8時?くらい Kim Komand ' American degital pro ' と名乗Kim が視聴者からのパソコン等の機器に関する質問にバシバシ答えていきます。

僕はこの手の視聴者参加の番組を聴くのがすきです。なぜなら台本ではない生の英語が聞けるからです。特に英語の初級者~中級者の方にはCNNなどのものすごくきれいな分かりやすい英語を聞くのではなくこのようなフツーの人が話す英語を聞くことが大事だと思います。
KIMの英語は分かりやすいです。

昔はDr.Laura の人生相談が面白く良かったのですが「二ガー」数十連発をしてしまいおしくも降板となってしまいました。

http://mediamatters.org/blog/2010/08/12/full-audio-dr-laura-schlessingers-n-word-rant/169161

スクリプトもあるのでこのPAGEは勉強になります。僕は偶然この放送を会社帰りに聞いてました。「だいじょぶなんか?」と思ってましたが・・・やはり・・・でした。これは残念でした。

http://www.drlaurablog.com/


3 それから 日曜日 朝8時~9時  CAR TALK こちらは Tom & Ray 兄弟?が視聴者からの車に関するトラブルの質問に答えます。答えはいつもふざけたノリのよいギャグ等で返していくので聞いていて面白いです。内容は難しいと思います。これを聞いてて分かればアメリカ人同士の会話もわかるレベルだと思います。僕もも分からない場面が多々あります。

そして最大の難関はコメディアンのtalk show です。これに比べれば映画・ドラマは簡単に思えてきます。 はっきり言って「さっぱりわからん」これはもしこれが全て分かれば、僕にとっては英語聞き取りの(意味の把握を含め)=僕の中での聞き取り100%というのは意味が頭脳で理解できてのものです。最終到達点ではないかと思います。

スポーツ中継も難しいです。専門用語も多く、はっきりいって難しい。これがほんとに速い英語だと思います。聞けばだれもがこれは早口だと思うはずです。
(各NEWSの終わりのほうで毎時間やってます)

★これも今日聞いたらナレータが変わってる・・・シフトとかなのかな~?この人はゆっくり喋ってる・・・


関東地方の方は聞ける思うのですが、それ以外の方もYOUTUBE等でcheckしてみてください!きっとあなたの英語能力をのばしてくれると思います!!

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 3

Yossy

そうえいば311の時にも今住んでいるところで情報収集のためにAFN聴いていたので、調べるまでもなく聴けました・・・。たしか7~8年前には東京だと福生近辺エリアしか電波が中々届かなかったような気がします。今はグッとエリアが広がったんですね!便利!そしてあのクダラナイ車のメンテナンス相談・・・今もやってるんですね(笑) Laura人生相談がなくなったというのは残念です。今は当時よりリスニングがかなり上がっていると思うのでもっと楽しめた気がします。

「ながらで聴くと意味を失う」 これあります。ありますというか、他に意識が向けながら後ろでなっている英語の意味まで把握するのは私にはまだちょっと大変です。日本語のようにはなかなかいきませんねぇ。

台所にラジオを引っ張り出しました!
by Yossy (2012-11-07 11:51) 

kazy133

うん でも個人的にはコメディアン系のTALK SHOWが一番難しいと思う。時事等幅広い知識が必要でしかも英語を英語として聞いてきた文化的・音感的背景も必要だと思う・・・スギちゃんとかもなんかああいう言い方が面白いわけであって(もちろん見た目とかもそうだけど)その音の変化・言葉の持つ意味(サブカルチャー的な要素も含めて)とかの面白さもわからないと笑えないと思う。セクシャルなジョークとか体使ったジョークは共通だと思うけど・・I'm gonna T-back you.と聞いて今笑えるんだけど、これも友人達との経験から「これは面白いんだ!」という概念が構築されているから笑えるんであって知らない人にこれはこう意味だよって教えても面白くないと思う。よくアメリカのジョークはつまらないって言ううけど、こういうSHOWを見てると大きな壁を感じてしまう・・・
by kazy133 (2012-11-08 21:21) 

Yossy

ほんと最後の砦というかゴールかもしれないですね。WTF今も聴いているのですが苦痛に感じることも多々あります。とくにライブショーの回なんて盛り上がってるから早いし、応酬はあるし、観衆は爆笑しているんだけど自分だけ取り残されてることもあります。そういえば気がつけばさいきんコメディを攻めています。シットコム(Friends,Seinfeld)とかアニメ(King of the Hill)、portlandiaなんかのコメディショーなどなど…。

「笑い」は文化的な要素、所属しているグループの共通認識なんかがあった上で成り立つ面が大きいですよね。このあいだ教えて頂いたMitt Romney Styleもアメリカで話題になっていたPSY、それからロムニーさんのイメージだとか失言だとかそういうの共有していないと爆笑まではできないですよね。


by Yossy (2012-11-09 11:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。